教室長の年収はどのくらいで仕事内容は?気になる離職率は高い?

塾の教室長としての業務は多岐にわたり、塾によって教室長に求められている点が異なります。今回は塾室長の年収や仕事内容について解説していきましょう。

この記事は約8分で読み終わります。

塾講師になりたいと考えている中で、年収はどれくらいなのだろうと疑問に思う事もあるかもしれません。自分の教え方次第では、子供たちの成績も向上していくので、やりがいのある仕事でしょう。しかし塾講師の正社員になると、 年収 など給与の面での不安が残ります。

アルバイトの講師では給与の面で安定しないのは予想できます。もし塾の中で、講師をまとめる教室長クラスになれば、安定した収入になるのでしょうか?今回は塾室長の年収や仕事内容について解説していきましょう。

 

教室長の仕事はマネジメントが中心

学習塾や予備校のシステムは多様化しており、集団塾だけではなく、個別指導を特色とする塾も増えています。集団塾でも大勢のアルバイト講師が必要になりますし、個別指導になるとさらに多くの講師が必要になります。

 

■教室長は講師のまとめ役

塾の中での教室長の役割は、直接教えるというよりも、講師のシフトの管理をして育成、保護者や生徒たちの相談や対応、さらに集客や営業、売り上げを管理するというマネジメント業務がメインになります。

 

教室長は、アルバイトが多い講師ではなく正社員となるケースが多いです。

個人塾の場合であれば、教室長は社長ということになりますが、大きな組織としての教室長の場合は正社員が担うことになります。塾に就職する時には、給与の面で安定している教室長を目指す方が多いです。

 

■主な教室長の仕事内容

 

教室長は実際に生徒に教える業務より、管理業務の方が多くなることがほとんどです。では実際に教室長の塾内での仕事内容を見ていきましょう。

 

・他の講師のシフト管理

多くの塾ではアルバイト講師を採用しており、講師シフト管理をするのも教室長の仕事です。正社員ではないアルバイト講師の場合には出勤可能な時間も異なりますし、他の講師とのシフトのバランスを保つ必要があります。

生徒の数に合わせて塾講師のシフトを管理し、滞りなく授業ができるようにマネジメントするのが教室長の役目です。

 

・保護者や生徒たちとの相談

塾に子供を通わせる保護者の立場から考えると、どのように授業が進んでいくのか、授業の時間帯はどうなっているのかなどは、当然気にされるところです。教室長は生徒たちの授業の時間帯を保護者に伝えたり、説明をしたりして、保護者の間に入る存在になります。

生徒が入塾する時には、適切なクラスの授業を受けることができるように、学力や志望校などを保護者や生徒と相談し割り振ります。生徒の学力を伸ばすために最適な授業を受けられるよう、アレンジをするのも教室長の仕事なのです。

もちろんこれには、学校のテストに合わせて授業内容を変えていくことも含まれます。生徒や保護者と塾をつなぎ合わせて、より良い授業にしていくことが求められるのです。

 

・集客や営業をして新規入塾生を募集する

新規の入塾生を募集したり、夏期講習や冬期講習などの特別なイベントを企画し、実施したりしていくのも教室長の業務です。どのように集客をし、イベントを実施するのかは、塾の運営に大きく影響します。これらのことから、教室長の仕事内容は非常に重要であることが分かります。

特に夏期講習や冬期講習などは、普段塾に通っていない生徒が塾に通うことも考える時期です。どのようなイベントや授業にするのかは、塾にとって大きなポイントとなります。責任感のある仕事をし、塾の目標とする人数までしっかりと集客することが求められます。

 

■教室長に求められる経験

主にマネジメントをするのが教室長の仕事ですが、募集において必須となるスキルや経験はありません。もちろん人とのコミュニケーションが主な業務内容になりますので、営業や販売接客経験があると高評価につながることもあるでしょう。

 

学習塾の場合、教員免許が必要な訳ではありませんし、学習塾での勤務経験もかならずしも必須ではないのが特徴。しかし転職・就職する際に、塾での経験があると優遇されるのは言うまでもありません。

 

 

■教室長の年収はどれぐらいあるの?

 

教室長に転職をしたり、就職をしたりする場合の年収はどのくらいなのでしょうか?年収は企業によって差があるものの、300万円から400万円が相場となっています。月額にすると20万前後になるケースが多いようです。

それでは、大手の塾ごとに年収や求められる能力を見ていきましょう。

 

・A社

年収約400万

およそ400万円が年収になります。月給に換算すると、23万円からの募集です。ボーナスなどを含めると、既述の年収になります。

教育業界での経験があると優遇されますが、経験が無くても応募することができるのが特徴です。当初の2か月は契約社員として契約し、その後正社員として雇用されます。

 

・B社

年収約310万円

教室長の場合には、月給で21万5千円からの募集がされています。保護者の対応や講師の管理などが主な仕事内容となり、明光義塾のノウハウを活かして教室を育てることが期待されています。

 

・C社

年収約456万円

塾業界での業務経験が必須という訳ではありませんが、大学を卒業していることが求められています。教室長候補として、アルバイト講師の面接や採用、さらに指導して講師を育てることが必要です。

 

・D社

年収約509万円

実働時間としては、10時間が平均となっているので、残業も少しある環境のようです。オフィスの空間や、教育制度に満足している方が多いようですので、安心して働ける環境と言えるでしょう。他の塾と比較をすると、年収も高くなっているので、その分求められる能力も高いと予測できます。

 

・E社

年収約384万円

月給に換算すると、22万円からが募集要項に書かれている条件です。必須の要項として大学卒となっているので、塾での勤務の経験が無くても大学は卒業している必要があります。業界で早期から週休2日制を導入した会社で、定時で退社することを推進している会社です。

 

・F社

年収約432万円

生徒とのコミュニケーションを良く図り、担当の生徒のために良い授業をすることが求められます。月給は18万円からのスタート(学校により上下します)で、教室長になると特別手当があります。生徒のやる気を出すのを手助けできる、本人にもやる気がある方におすすめのできる塾です。

 

 

教室長は離職率が高い?

塾の中でもまとめる役になる教室長。就職した後の離職率はどのくらいなのでしょうか?

 

■教育・学習支援事業の離職率は高い!

新卒入社から3年以内の離職率において、教育・学習支援業はトップ3(45.4 %)にランクインしています。これは厚生労働省が2016年3月卒業者のデータを公表したもので、塾の教室長のみのデータではないとしても、離職率は高くなっています。

※厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況」より

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553.html

 

他の業界と比較をすると数値の差が開いているので、離職率が高い職業と言えるでしょう。離職率が高い理由を一言で表すのは難しいですが、主に以下のような理由が考えられます。

 

・アルバイトから就職するパターン

・教職へのステップアップのために働いている

・教室長のイメージができずに就職した

 

 

それぞれの理由を考察してみましょう。

 

■アルバイトからの就職

大学生時代に塾講師のアルバイトをしており、そのまま塾に就職したパターンです。この場合には、学生時代の経験があるので、塾側としても学生側としてもメリットがあるように思えます。

しかし正社員として採用されると、アルバイトとは異なる仕事の責任に耐え切れずに辞めてしまう、ということが考えられます。日曜日に休日が取れるとは限らない職場環境を予想できなかったなど、数年で辞めてしまうケースが多数あるようです。

 

■教職へのステップアップ

2番目の理由は、プラスのものです。教職に就きたいと考えており、そのための経験として働いているケースです。自分の夢のために経験を積んでおり、実際に教職として採用されると、塾を辞めてしまいます。

この場合には、教職に就きたいはっきりとした目的があります。離職をすると言っても、責任に耐えられずに仕事を投げ出してしまう、というマイナスイメージはありません。

 

■教室長の仕事のイメージができなかった

最後のケースとしては、教室長の仕事の幅の広さを予測できなかったことです。アルバイト講師として働く場合には、主な責任を持つのは生徒の成績向上のみです。しかし教室長になると、保護者や生徒とのやり取りをし、塾の運営にも直接関わる必要があり、さらに講師の育成、と業務も多岐にわたります。

教室長としての責任の増大に耐えられないと、数年で仕事を辞めてしまうひともいます。理想と現実の仕事のギャップに耐えられないパターンもあるようですが、高い意識をもって仕事に取り組むひとにはぴったりの仕事です。

 

まとめ

塾の教室長としての業務は多岐にわたります。塾によって教室長に求められている点が異なりますので、年収の比較をするだけでなく、仕事の内容や運営方針を把握することが大切です。

 

塾の教室長として働きたいのであれば、まずは塾講師として働いてみるのが良いかもしれません。塾での実務経験があれば、教室長として働く姿をイメージしやすいでしょう。